パソコン検定について出来る限りわかりやすく説明していきます

P検って知ってます?何かの検査の事って思われるかもしれないですけど、パソコン検定の略称なんですよね。今はパソコンがどの職場でも使われていて仕事には欠かせないツールになっています。何かパソコンの資格が欲しいと思っても専門的すぎて手を出しにくいものも多いですよね。そんな時に順序良く目標が持てて、比較的取りやすい資格がP検なんです。パソコンの知識を上げたいと思う方にはオススメな検定ですよ。

パソコン検定(P検)試験をやさしく解説項目一覧

P検(パソコン検定)
パソコン検定(P検)をよく知ろう
パソコンは使えて当たり前なのか?資格を取るのはカンタンなのか? 誰でも取得することは可能なのか? ・・・詳しくはコチラ
パソコン検定(P検)のメリット
情報教育の高い基準に適合、学校の授業に沿った出題範囲、 ジュニアマイスターの選定資格、一発太郎検定とは? ・・・詳しくはコチラ
パソコン検定(P検)のレベルを知る
パソコン検定(P検)で出題される試験内容のレベルを知ろう! ICTスペシャリストとは?情報部門を統括できます ・・・詳しくはコチラ
出題範囲を知る(1〜準2級)
パソコン検定(P検)の出題範囲を知る、出題範囲を知る(1〜準2級) P検1級、P検準1級、P検2級、P検準2級など ・・・詳しくはコチラ
出題範囲を知る(3級〜イントラ)
出題範囲を知る(3級〜イントラ) P検3級、P検4級、P検  準4級、P検 準4級、P検インストラクターなど ・・・詳しくはコチラ
パソコン検定(P検)を受けるなら
パソコン検定(P検)の試験を受講するための受験資格は? 受験会場の探し方と予約の仕方、受験料に必要となる費用に ・・・詳しくはコチラ
自分にあう勉強方法を選ぶ
パソコン検定(P検)の学習方法について考える。 学校やスクールに通うべきなのか?それとも独学で勉強をした ・・・詳しくはコチラ
パソコン検定(P検)の各級のポイントを徹底解析
パソコン検定(P検)の各級ごとのポイントを徹底的に解説。 高度だけど面白いP検1級、実務経験が生きるP検準1級、 ・・・詳しくはコチラ
パソコン検定試験勉強のコツ
パソコン検定(P検)試験の勉強の仕方のコツをワタシの体験談から アドバイス、P検のテキスト・問題集を使うコツ ・・・詳しくはコチラ

お仕事の体験談となります

★データ入力
"私はある専門的分野の新聞社でデータ入力の派遣社員として勤めていたことがあります。 時給は780円で1日6時間30分の週5回という条件でした。 派遣の割には時給が安いなと迷ったのですが、当時すぐに紹介してもらえるのがそこしかなかったので受けることにしました。 データ入力という仕事ははじめてだったのですが、派遣される前に簡単なタイピングチェックのテストを受け合格したので大丈夫だろうと思っていました。 実際仕事をはじめてみると本当に朝から夕方までパソコンの前で黙々と他の部署から回ってくるデータを入力するという作業でした。 新聞社なので交代で簡単な見出しの編集作業もしていました。 入力ミスをするとチェックはもちろんするのですが、紙面に誤字として掲載されてしまうこともあるのでけっこう気を使っていました。 そして一番大変だなと感じたのは眼精疲労でした。 それまでもデスクワーク主体の仕事をしていて長時間のパソコン操作は慣れていたつもりでしたが、比較にならないほど目が疲れました。 目が疲れると作業効率も落ちるしミスも増えるので眼精疲労の対策はかかせない仕事でした。"

★誰でもできる仕事で、補助的な役割
"派遣ワークをするときに、比較的誰でもできるパソコンを使ってするタイピングや、電話のアポなどはやりやすいのではないかと考えられます。 よくあるのが、タイピングの早打ちテストのような選考です。10分間で何文字間違えずに早くタイピングできるかというもので、カチャカチャと打ちます。 電話のアポの選考はあってないような数合わせで人をあてがうような方法です。 しかしながら、これらの仕事は誰でもできるため、採用率は低くなるし、駒扱いになると思います。 また、期間限定もありつつそれなりに長期間働くことが前提なので、1年2年もやれるかどうかということや、しばらくやっているうち時期が来れば、また次のワークを探す羽目になります。 派遣ワークは補助的な仕事なので、一般的に男性には不向きな雇用なのは言うまでもないでしょう。 かといって、女性にもおすすめできるようなものではなく、直接雇用ではないところが、欠落点です。 補助的な役割として、見合う性格をしているほうが有利です。"

P検(パソコン検定)サイトの注意点

※ 資格や仕事で役立つサイトいろいろ 高額収入のアルバイトならば、薬剤師のアルバイトがオススメ! パソコン検定よりも取得は難しいですけど、そのぶん一生食べたられる資格となりますからね。

 
Copyright © 2007 パソコン検定(P検)試験をやさしく解説. All rights reserved